英語教室

目的は英語脳=英語の言語野(英語学習の土台)を作ること。

 

「英語を英語のまま理解してもらいたい」

「お決まりの受け答えではなく自分の言いたいことがいえるように!」

「本物の英語力を身につけてほしい!」

 

英語習得に必要なもの・・・それは反復・継続・英語量でしょう!
この3つがバランスよく、無理なくできる、そんな理想的な教材があるでしょうか?

 

答えは、YES。


試行錯誤の末、BBカードと多読にたどりつきました。

この2つの共通点は「楽しいから続けられる、自然に英語が身につく」こと。

 

だから…BBカード英語多読教えないレッスン!

レッスンの流れ

基本は…

絵本の返却、貸出。

BBカードゲームで遊ぶ。

子どもたちが選んだ絵本、私が選んだ絵本などを読み聞かせ。

です。

 

そして…

ときどき、ワークシート・ワークブック・グラマーブックをする。

ときどき、子どもたちが選んだ絵本を読み聞かせてもらう。

ときどき、好きな絵本や場面を描いてもらう。

ときどき、作文、オリジナルカード作成をする。

ときどき、イベントや多読図書館オープンdayがある。

ときどき、保護者も一緒にレッスンすることもある。